引用元: 【ホントにオバさんになってしまった・・】 森高千里、50歳に

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2019/04/11(木) 20:40:24.04 ID:GSvD7gpN0● BE:299336179-PLT(13500)
sssp://img.5ch.net/ico/yukidaruma_3.gif
平成の音楽・芸能界、とくにアイドルの世界では、小室哲哉、つんく♂、秋元康などプロデューサーが注目されることが多かった。
一方で、アイドルにカテゴライズされた女性芸能人にも、自分で曲や歌詞を書いて歌うなど、プロデュースを手がける傾向が目立つようになった。
最近でいえば、指原莉乃はHKT48に所属しながら、=LOVE(イコールラブ)というアイドルグループのプロデュースを手がけ、詞も提供している。
あるいは、眉村ちあき(来月メジャーデビュー予定)のように自分で曲をつくって歌うだけでなく、自ら会社を設立して活動を展開している異色のアイドルもいる。

1969年生まれ、50歳の誕生日を迎えた

 そうしたセルフプロデュース型のアイドルの先駆けというと、森高千里が思い出される。森高はまさに平成の初め、「私がオバさんになっても」
「渡良瀬橋」「気分爽快」など自ら作詞を手がけた曲を次々とヒットさせた。
1969年4月11日生まれの彼女は、きょう50歳の誕生日を迎えた。ちょうど現在、1月からスタートした全国ツアーの真っ最中であるhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190411-00011443-bunshun-ent
no title

【【ホントにオバさんになってしまった・・】 森高千里、50歳に】の続きを読む