タロイモ速報

タロイモ速報は、5ちゃんねるなどのまとめサイトです。

    映画

    2コメント

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用元: 【金ロー】『ドクター・ストレンジ』5月17日 地上波初放送が決定!

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/04/27(土) 07:01:41.43 ID:3NyZowr39
     映画『ドクター・ストレンジ』(2017)が、5月17日に日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(夜9時~)で地上波初放送されることが決定した。

     本作は、事故で両手が思うように動かせなくなった天才外科医・ストレンジが主人公。彼は、厳しい修行により魔術を習得し、世界を滅亡から救うため“闇の魔術”との戦いに巻き込まれていく。ドクター・ストレンジ役を『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのベネディクト・カンバーバッチが務めた。

     本作はマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品の1つで、ドクター・ストレンジは昨年公開された『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも登場。トニー・スタークことアイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)たちと、強敵サノス(ジョシュ・ブローリン)に立ち向かった。

     さらに、世界中で大ヒットした『ドクター・ストレンジ』の続編は2021年に公開される予定だと、The Hollywood Reporter などの海外メディアが報じている。(編集部・梅山富美子)



    2019年4月26日 19時11分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0108419
    no title

    【【朗報】『ドクター・ストレンジ』5月17日 地上波初放送が決定!【金ロー】】の続きを読む

    0コメント

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用元: 【アニメ】人気RPG「二ノ国」ジブリ出身・百瀬義行監督で長編アニメ化!主演は山崎賢人

    1: しじみ ★ 2019/02/09(土) 20:00:43.84 ID:CAP_USER
    [映画.com ニュース] 
    人気RPGシリーズ「二ノ国」の長編アニメーション化が決定し2月9日、都内で製作発表会見が行われた。タイトルは「二ノ国」。スタジオジブリ出身のアニメーション監督、百瀬義行がメガホンをとり、人気俳優の山崎賢人が主人公のユウ役で声優初挑戦を果たす。ワーナー・ブラザース映画が配給し、2019年夏に全国公開される。

    会見には百瀬監督と山崎に加えて、原作・脚本と製作総指揮を務めるレベルファイブの日野晃博氏(「妖怪ウォッチ」「レイトン教授」シリーズ)、小岩井宏悦氏(ワーナー・ブラザース ジャパン/エグゼクティブプロデューサー)が出席した。

    日野氏は「常に映画化を意識していた。ゲームの世界観は活かしながら、お話はまったく違うので、クロスメディアの新しい形になるはず」と自信のコメント。ゲーム発売前の2009年から、映画化に向けたアプローチを続けていた小岩井氏は「10年を経て、コンテンツが世界的に成長したタイミングで実現して、うれしい」と喜びを語り、世界配給の可能性も示唆していた。

    百瀬監督はゲーム「二ノ国 漆黒の魔導士」「二ノ国 白き聖灰の女王」のアニメーション監督、昨年発売された「二ノ国II レヴァナントキングダム」ではキャラクターデザインを務めており、「二ノ国の魅力は、ファンタジーの枠に収まらないところ。面白い作品が作れそう」と声を弾ませた。

    現実と隣り合わせだが、まったく異なる“もうひとつの世界”である二ノ国を舞台にした冒険ファンタジー。高校生のユウ(山崎)は、親友のハルとともに、幼なじみでハルの恋人・コトナをめぐる事件に巻き込まれ、現実と二ノ国を行き来することに。ふたつの世界に生きるコトナに命の危険が迫るなか、彼らは究極の選択を迫られる…。ゲームに続き、久石譲が音楽を担当する。

    声優に初挑戦する山崎は「まさか声優のお仕事をいただけるとは思っていなかったが、声優さんは尊敬する存在で、挑戦したいとも思っていた」と思いを語り、「いただいた脚本が面白くて、鳥肌でした」と興奮しきり。「分からない部分も含めて、楽しみながら(役を)作っていければ。全力でやるしかない。ワクワクしています」と意気込んでいた。

    no title


    https://eiga.com/l/9zWFG

    【【朗報】人気RPG「二ノ国」ジブリ出身・百瀬義行監督で長編アニメ化!主演は山崎賢人】の続きを読む

    0コメント

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用元: ボヘミアン・ラプソディが興行収入1000億円突破

    music_guitarist_boy
    1: 名無しさん@涙目です。(カナダ) [US] 2019/04/15(月) 19:52:44.10 ID:OosrxN370 BE:273822876-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_kukkuru01.gif
    https://rockinon.com/news/detail/185510?rtw

    映画『ボヘミアン・ラプソディー』が4月12日から14日にかけての週末で、世界興行収入が9億ドル(約1000億円)を超えたことが明らかになった。
    20世紀フォックスにとっては、インフレ調整前の興収としては歴代4位となった。

    「The Hollywood Reporter」によれば、同作は14日の日曜日までに、北米での興収が2億1620万ドル(約242億円)、
    海外では6億8520万ドル(約767億円)に到達、公開の遅かった中国での興収1390万ドル(約15億5600万円)が9億ドル超えを後押しした形となったようだ。
    同映画は今も日本での上映が続いており、現時点までに日本国内だけで1億1590万ドル(約129億7000万円)を記録しているという。

    【【朗報】ボヘミアン・ラプソディが興行収入1000億円突破】の続きを読む

    0コメント

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用元: 【映画】〈動画あり〉『スター・ウォーズ』エピソード9初映像&正式タイトル発表!『ライズ・オブ・スカイウォーカー』

    1: しじみ ★ 2019/04/13(土) 05:49:19.01 ID:CAP_USER
    ■動画
    Star Wars: Episode IX – Teaser https://youtu.be/adzYW5DZoWs



    現地時間12日、映画『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード9にあたる最新作のタイトルが『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題) / THE RISE OF SKYWALKER』であることが、アメリカ・シカゴで開催中の公式ファンイベント「スター・ウォーズ セレブレーション・シカゴ2019」内で上映された特報で明らかになった。タイトルを直訳するとスカイウォーカーが立ち上がる、昇る、舞い上がるなどの意味。初の特報映像に、会場に集まったシリーズファンは熱狂の渦に包まれた。



     12月20日に日米同時公開される本作は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)から始まった新三部作の最終章。『スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望』(1977)からスタートした、本編シリーズ42年の歴史に幕を降ろす完結編となる。

     監督・脚本は『フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス。新作を発表するたびに、徹底した秘密主義と、さまざまな仕掛けが話題を呼ぶエイブラムス監督が、タイトルに込めたメッセージとは。

     主人公のレイ役のデイジー・リドリー、カイロ・レン役のアダム・ドライヴァー、フィン役のジョン・ボイエガ、レジスタンスの若きリーダー、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザックなど主要キャストに加え、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、C-3POを演じる英国俳優のアンソニー・ダニエルズ、旧三部作でハン・ソロの悪友ランド・カルリジアンを演じたビリー・ディー・ウィリアムズも復帰。さらにレイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャーも『フォースの覚醒』の未発表映像を活用して出演。完結編に相応しいキャストたちが集結する。

     「スター・ウォーズ セレブレーション・シカゴ2019」は4月15日まで開催。会期中はシリーズ関連イベントのほか、初の実写ドラマシリーズ「ザ・マンダロリアン(原題) / The Mandalorian」や、ディズニーのテーマパーク「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」のパネルなどが開催される。(編集部・入倉功一)

    『スター・ウォーズ』シリーズタイトルは以下の通り(スピンオフ除く)

    『スター・ウォーズ エピソードI/ファントム・メナス』(1999)
    『スター・ウォーズ エピソードII/クローンの攻撃』(2002)
    『スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐』(2005)
    『スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望』(1977)
    『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』(1980)
    『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』(1983)
    『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)
    『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)

    no title

    no title

    https://www.cinematoday.jp/news/N0108138

    【【朗報】『スター・ウォーズ』エピソード9初映像&正式タイトル発表!『ライズ・オブ・スカイウォーカー』】の続きを読む

    0コメント

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用元: 【劇場アニメ】「天気の子」予告編公開

    thumb_4a6ac765-a3d3-4f11-9f50-02ab5c1d59df
    1: 衛星軌道中立隊 ★ 2019/04/10(水) 12:08:42.32 ID:CAP_USER
    映画『天気の子』予報(予告篇)
    https://www.youtube.com/watch?v=rzKcrJ77wBY



    2019/04/09 に公開
    7月19日公開 新海誠監督最新作!
    原作・脚本・監督:新海誠
    音楽:RADWIMPS
    声の出演:醍醐虎汰朗 森七菜
    キャラクターデザイン:田中将賀  作画監督:田村篤  美術監督:滝口比呂志
    製作:「天気の子」製作委員会  制作プロデュース:STORY inc.  制作:コミックス・ウェーブ・フィルム  配給:東宝

    ©2019「天気の子」製作委員会

    【【朗報】新海誠監督最新作!「天気の子」予告編公開】の続きを読む

    0コメント

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用元: 【国内映画ランキング】「ドラえもん」6週連続で首位をキープ 上位5作品に変動なし

    1: しじみ ★ 2019/04/08(月) 19:37:32.77 ID:CAP_USER
    [映画.com ニュース] 4月6日~7日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。新年度がスタートした最初の週末は上位5作品に変動はなく、「映画ドラえもん のび太の月面探査記」が6週連続で首位をキープ。週末2日間で動員14万6000人、興収1億7500万円をあげ、累計動員は396万人、興収は45億3000万円を突破した。6週連続首位は、2004年以降に公開された「映画ドラえもん」シリーズで初の快挙となり、今年の春休み興行も制した。

    2位「ダンボ」は週末2日間で動員8万3000人、興収1億1000万円を記録。累計動員は48万8000人を超え、間もなく興収6億円に達する。3位「翔んで埼玉」は週末2日間で動員7万5000人、興収1億0400万円を記録。累計動員は245万人、興収は31億円を突破している。

    「キャプテン・マーベル」は4位、「バンブルビー」は5位をキープ。累計興収は「キャプテン・マーベル」が17億円、「バンブルビー」が7億円をそれぞれ超えた。前週7位の「君は月夜に光り輝く」は6位、前週8位の「映画 少年たち」は7位と順位をひとつ上げている。

    なお、第91回アカデミー賞で作品賞ほか8部門にノミネートされ、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した新作「バイス」は10位、ファミリー層を中心に支持を集める人気シリーズの劇場版第14弾「映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー」は11位スタート。キャストのピエール瀧が麻薬取締法違反の容疑で逮捕(4日に保釈)され、劇場公開に注目が集まっていた「麻雀放浪記2020」は、全国約50館で公開されたが、圏外発進となった。

    no title


    https://eiga.com/l/keQ1K

    【【朗報】「ドラえもん」6週連続で首位をキープ 上位5作品に変動なし】の続きを読む

    0コメント

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用元: 【映画】「ターミネーター」最新作、日本公開は11月&邦題も決定! 物語は“2”のその後描く

    1: 自治郎 ★ 2019/04/05(金) 19:03:54.73 ID:aCYDxRa59
    [映画.com ニュース] 世界的人気シリーズ「ターミネーター」の最新作が、「ターミネーター ニュー・フェイト」の邦題(原題は「Terminator: Dark Fate」)で11月に日本公開されることが決定した。「ターミネーター2」の直接的な続編で、T-800役のアーノルド・シュワルツェネッガーはもちろん出演。2以後のシリーズには「脚本が魅力的ではない」という理由で参加を拒否してきた、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが復帰したことでも大きな話題を呼んでいる。

    シリーズ生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作としてカムバックし、「デッドプール」などのティム・ミラー監督がメガホンをとる。「ターミネーター3」「ターミネーター4」「ターミネーター:新起動 ジェニシス」の世界線はリセットされ、「ターミネーター2」の世界線で新たな物語が紡がれていく。

    また米ラスベガスで開催中の全米劇場所有者協会主宰のコンベンション「シネマコン」に、シュワルツェネッガー、ハミルトンをはじめ出演のマッケンジー・デイビス、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナ、ミラー監督が登壇。キャラクタービジュアルが披露されると、会場からは拍手喝采が湧き起こった。

    ミラー監督は「この作品はジム(キャメロン)の代表的なヒット作の正当な続編となる。……ほどばしる情熱をスクリーンから感じるだろう」と熱っぽく明かす。シュワルツェネッガーは「もちろん、アイル・ビー・バック、アスタ・ラ・ビスタ・ベイビーって言っているよ。他に何があるんだ?」とファンの期待を裏切らず、ハミルトンは「この脚本、ストーリー、キャスト、監督だったから、私はこのシリーズに戻ってきた」と力強く宣言していた。

    「ターミネーター ニュー・フェイト」は、11月に全国公開。(映画.com速報)

    2019年4月5日 13:35
    https://eiga.com/news/20190405/16/

    ターミネーター ニュー・フェイト
    no title

    no title

    no title

    【【朗報】「ターミネーター」最新作、日本公開は11月&邦題も決定!物語は“2”のその後描く】の続きを読む

    このページのトップヘ