タロイモ速報

タロイモ速報は、5ちゃんねるなどのまとめサイトです。

    大塚家具

    2コメント

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用元: 【企業】久美子社長に「父と和解を」 大塚家具の支援企業が提案

    kakushitsu_chichi_musume
    1: 田杉山脈 ★ 2019/02/24(日) 00:47:40.56 ID:CAP_USER
    業績不振が続く大塚家具の大塚久美子社長(50)に対し、同社への資本支援をとりまとめたネット通販企業、ハイラインズ(東京)の陳海波社長が、経営権を巡って激しく対立した父で創業者の大塚勝久氏(75)と和解するよう提案し、久美子氏が前向きに検討する意向を示していたことが22日わかった。4年前の株主総会で激しい委任状争奪戦を繰り広げた父娘の対立が「雪解け」に向かうのか注目される。

    陳氏が同日、朝日新聞の取材に明らかにした。勝久氏は委任状争奪戦に敗れて大塚家具を去り、高級家具販売の「匠大塚」を新たに立ち上げた。大塚家具の財務基盤を強化する資本支援への協力を内諾した後の今月上旬に陳氏が、競合する両社による共同仕入れなど事業面での協業を進めたいとの意向を久美子氏に伝えたところ、久美子氏は理解を示したという。

     陳氏は、創業家が対立したままでは大塚家具のブランド価値を毀損(きそん)するとの考えを示し、「どちらも高級家具が売りで、客層が同じ。家族で客を奪い合っても仕方がない」と指摘。早期に父娘の和解を実現させ、勝久氏の支援も受けながら再建を加速させたい考えを示した。「大塚家具の強みは(勝久氏が築いた)コンサルティング営業にある。そのノウハウを生かして海外に販路を広げるべきだ」とも述べた。

     「お家騒動」の末に久美子氏が大塚家具の経営権を握ったが、その後の業績は低迷。2018年12月期通期の決算は3年連続の赤字に陥り、自力再建は難しくなっていた。同社は今月15日の決算発表にあわせて、日中の投資家や米系投資ファンドなどから資本を受け入れる財務強化策を発表。この資本支援のとりまとめ役の一人として陳氏がかかわった。

     久美子氏の処遇については「赤字を継続すれば続投できなくなる。今年は最低でもトントンにする必要がある」と述べた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00000006-asahi-bus_all

    【【朗報】久美子社長に「父と和解を」 大塚家具の支援企業が提案】の続きを読む

    0コメント

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用元: 【企業】大塚家具社長 対立した父に協力呼びかける考え

    jiko_jishin_kagu_tentou
    1: 田杉山脈 ★ 2019/03/04(月) 19:19:57.91 ID:CAP_USER
    経営の立て直しに向けて、投資ファンドからの出資受け入れを決めた「大塚家具」の大塚久美子社長は4日、日本外国特派員協会で会見し、「価値観を共有するメーカーなどと協力する団体を作りたいと考えている」と述べ、かつて対立した創業者で父親の勝久氏にも協力を呼びかける考えを示しました。

    この中で、大塚社長は先月発表した、投資ファンドから38億円余りの出資を受ける資本増強策について、「守りから攻めに打って出る態勢が整った」と述べました。

    そのうえで、「新しいパートナーのもと、スピードを上げて会社をよくしていく責任がある」と述べ、引き続き社長として再建に向けて取り組む考えを示しました。

    さらに、かつて経営権をめぐって対立した創業者で、いまは別の家具販売会社を経営する父親の勝久氏について、「愛着を持って長く家具を使ってもらいたいという価値観は同じだ。同じ価値観を持つメーカーや販売者と協力する団体を作れないかと考えており、父にも参加してほしいし、声をかけたい」と述べ、関係改善を図りたい考えを示しました。

    一方、中国へのネット通販を手がけ、大塚家具へ出資するファンドで中心的な役割を担う「ハイラインズ」の陳海波社長は、「IT技術の活用や中国の富裕層への販売強化などで、大塚家具のブランドを守っていきたい」と述べました。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190304/k10011835491000.html

    【【仲良く】大塚家具社長 対立した父に協力呼びかける考え 】の続きを読む

    このページのトップヘ