タロイモ速報

タロイモ速報は、5ちゃんねるなどのまとめサイトです。

    社会

    0コメント

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用元: 日本人の4割「10連休なんて嬉しくない…」

    kotatsu_neru
    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [FR] 2019/04/13(土) 14:21:23.74 ID:sUUbTOFH0 BE:123322212-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
     時事通信が実施した「10連休に関する世論調査」で、ゴールデンウイークが新天皇の即位に伴い10日連続の
    休祝日となることについて、4割が「うれしくない」と回答したことが分かった。

     「とてもうれしい」9.3%、「まあうれしい」27.2%で「うれしい」の計36.5%に対し、「全くうれしくない」14.8%、
    「あまりうれしくない」26.2%の計41.0%が「うれしくない」と回答。「関心がない」も21.1%あった。

     「うれしくない」を年齢別に見ると、働き盛りの30歳代で46.9%、40歳代は45.9%に上った。

     うれしくない理由を複数回答で聞くと、「仕事をしていないので関係ない」が28.0%で最多。「仕事を休めそうにない」19.3%、
    「家事などの負担が増える」10.8%、「仕事に支障がある」9.6%が目立った。

     連続して休めそうな日数を聞くと、「10日間」が最多の32.4%だった一方、15.0%が「全く休めない(休まない)」と回答。
    「1日だけ」4.3%、「2~3日」18.5%とほとんど休めない人も多かった。「全く休めない」を男女別で見ると、男性9.4%に対し、
    女性は21.0%の高さだった。

     連休の過ごし方は、「自宅でゆっくり過ごす」が最多の64.3%。たまった家事を済ませたり、近所で買い物・映画を楽しんだり
    するなど近場で過ごす人が大半を占め、国内外を旅行する人は計16.2%だった。

     「今後も国が主導して長い連休をつくるべきか」との問いには、「そう思う」の29.9%に対し、「そう思わない」が66.8%だった。
     調査は全国の18歳以上の男女2000人に個別面接方式で3月8~11日に実施。有効回収率は61.2%。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041300257&g=soc

    【【悲報】日本人の4割「10連休なんて嬉しくない…」】の続きを読む

    0コメント

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用元: 【事案】 「ほらよ。」と男子中学生に突然アダルトDVDを渡し男が去る 静岡

    tsue_koukikoureisya_ojiisan
    1: 名無しさん@涙目です。(青森県) [US] 2019/04/11(木) 20:23:34.20 ID:vLCCAlE80● BE:373620608-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    静岡県 > 静岡市清水区 > 交通 > 詳細情報
    アダルトDVDを渡そうとする男!(静岡市立清水入江小学校 他)

    [件名]不審者事案発生
    [日時]4/9(火)16:20頃
    [場所]静岡市清水区北脇 道路上

    [学区]清水入江小学校
    [状況]歩いて下校途中、白色自転車に乗った男が「ほらよ。」と言いながらアダルトDVDを放り投げてきた。
    [遭遇者]中学生・男子
    [行為者]50代 やせ型 黒短髪 赤色トレーナー 黒色ジーパン 黒色マスク 白色と赤色スニーカー 黒色ビジネスバッグ 
    https://www.gaccom.jp/safety/detail-344531

    【【事案】「ほらよ。」と男子中学生に突然アダルトDVDを渡し男が去る 静岡】の続きを読む

    0コメント

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用元: 日本、ロシア人が移住したい国ベスト3に入る

    roshia01
    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2019/04/09(火) 22:23:51.06 ID:+xn2YAAM0 BE:123322212-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
     【モスクワ=畑武尊】米調査会社ギャラップが4日に発表した世論調査で、ロシアの15~29歳の若者の44%が外国に移住したいと考えていることが明らかになった。
    プーチン長期政権下でロシアの若年層に閉塞感が強まっていることの反映とみられる。

     調査は昨年、15歳以上の2000人を対象に実施し、全体でも20%が移住を希望した。移住希望先では、ドイツの15%、米国の12%に続き、日本が5%で3位に入った。

     ロシアがウクライナ南部クリミアを併合した2014年の調査では、若年層の移住希望は14%にとどまっていた。
    ロシアでは、米欧による経済制裁などで実質所得が昨年まで5年連続で減り、経済苦境が続く。
    ギャラップは「クリミア併合による愛国主義の熱狂は終わり、景況が悪くなって移住希望が増えた」と分析している。
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20190408-OYT1T50285/

    【【朗報】日本、ロシア人が移住したい国ベスト3に入る】の続きを読む

    0コメント

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用元: カナダ ベーシックインカム(月12万)を導入するもわずか1年目で終了 乞食『ふざけんな』暴動へ

    1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [US] 2019/04/09(火) 20:29:23.24 ID:/GercrCh0 BE:784885787-PLT(15000)
    sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
    ・カナダ・オンタリオ州リンジィで試験導入されていたベーシックインカム制度
    ・年間最大1.7万ドル(約142万円)が無条件に支給される
    ・「最低でも3年は続ける」という公約だったが1年目で断念
    ・住人たちが政府に対し「約束不履行だ」と集団提訴へ
    ・賠償金の金額は2億ドル(約170億円)にも及ぶ模様

    ※原文はソースでご覧下さい。
    http://globalnews.ca/news/5110019/class-action-lawsuit-filed-cancellation-ontario-basic-income-pilot-project/
    no title

    【【悲報】カナダ ベーシックインカム(月12万)を導入するもわずか1年目で終了 乞食『ふざけんな』暴動へ】の続きを読む

    0コメント

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用元: 【ZIP!】“アドレスホッパー”特集…宿無しをかっこ良さげに紹介して炎上

    jump_boy
    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/04/08(月) 13:36:28.77 ID:1hfC8uwZ9
    2019年4月8日 12時10分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16283900/
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/1/b1048_188_2d5a4bb5_b49b4d1d.jpg
    画像はイメージ

     リニューアルしたばかりの『ZIP!』(日本テレビ系)に、少し不幸な炎上事件が起きた。それは8日放送分で、「アドレスホッパー」を特集していたのだ。

     アドレスホッパーとは、特定の家を持たず、泊まる場所を転々とする人々のことだという。今回は、会社員アドレスホッパーやウェブデザイナーのアドレスホッパーといった人々のもとにレポーターが訪問。なぜそうしているのか? 実際の生活は?といったことを直撃したのだ。

     「実はこういった人たちは、3月23日の『マツコ会議』(同系)でも紹介されました。マツコ・デラックスと中継をつなぎ、その生態に迫っていたのです。その時は、たいして批判的な声も少なかった印象です。理由として、マイノリティの星であるマツコが、きちんと1人ひとりのキャラクターと会話。また、『だったら家住めば?』など思ったことを素直にぶつけつつ理解しようとしていたこと、さらに、笑いにしていたことも大きかったでしょう。しかも、放送時間の30分を丸々使っていました」(芸能ライター)

     一方、『ZIP!』はどうだったか。テロップは「家を持たない新人類 アドレスホッパーに密着」というもので、それを説明するツールとして、スーツ姿の会社員が颯爽と別々の家を飛び回るスタイリッシュなCGイラストが使われていた。『マツコ会議』との決定的な差はどこにあったのか?

     「やはり、番組のジャンルでしょう。『ZIP!』はその人の1週間の宿泊スケジュールや、当日宿を探すところに密着するなど情報に特化。それがこの4月という新生活の季節、番組がこのライフスタイルを勧めていると感じた視聴者もいたのでは。また、『マツコ会議』でのマツコがじっくり深堀りするアプローチに比べて、今回は見知らぬレポーターが立ち聞きするだけ。その点でも、反感を持たれたのでは」(同)

     そんな、ちょっと「かっこよさげ」に紹介した今回の『ZIP!』の特集に関しては、案の定というべきか、SNS上に「なんかアドレスホッパーってかっこよさげに紹介されてたけど、ただの宿無しでしょ」「アドレスホッパーってまた響き良さげなネーミングをしちゃって。。」「住所不定をアドレスホッパーなんておしゃれな名称にするのやめて! 結局住所不定なんだから」など懐疑的な声があふれている。

     ただ一方で、こんな意見も実は少なくない。
    「正直アドレスホッパー羨ましい。住所不定が羨ましいんじゃなくて、どんなとこでも眠れる神経の図太さ見習いたい」「毎日新鮮さがあって面白そうだし そういう生き方もあるんだなあ、自由で良いなあ」、
    さらには「東京の家賃が洒落にならないだけ」という、彼らを生み出す背景を嘆く投稿もあった。さて、アドレスホッパーなる人種は最底辺か、それとも最先端か?

    【【炎上】“アドレスホッパー”特集…宿無しをかっこ良さげに紹介して炎上】の続きを読む

    0コメント

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    引用元: "エロ目的”のおっさんユーザーが増え過ぎて『TikTok』が若者から敬遠され始める

    tehepero3_business_ojisan
    1: おちんちん ◆d9eTMNEKrI (笑) [US] 2019/04/07(日) 15:49:08.63 ● BE:547841423-PLT(25252)
    sssp://img.5ch.net/premium/7986278.gif
     若者に絶大な人気を誇る動画配信アプリ『TikTok』に異変が起きている。同アプリの2018年の月間アクティブユーザーは950万人にも上り、
    現在も順調に伸びているが、昨年7月にテレビCMを開始して以降、40代の男性ユーザーが急増しているというのだ。

     そのため、若者の間ではアプリが急速に“おっさん化”することに危惧する声が上がっている。

    《おっさんたち、ウチらのコミュニティーを壊さないでよ》
    《おじさんに見られていると思うと動画を気軽に投稿できないんだけど》
    《TikTokも終わりだなー。次にはやるのは何だろう》
    《いいね! 押されるのはうれしいんだけど、キモい親父だと超絶萎える》

     など、突如現れたおじさんユーザーに戸惑いを隠せない様子だ。

     「中高年男性ユーザーが増えたのは、CM効果もありますが、それ以上に口コミで“若い女性の動画”を思う存分に見ることができると知れ渡ったことがあります。
    彼らは『TikTokおじさん』と呼ばれ、アプリのフォローリストには10代女性が多数並んでいるのが特徴です。もちろん、水着や下着姿でダンスを踊る女性が人気で、
    彼女たちの動画を眺めるのが日課になっているのです。そんな“エロ目的”の使用が増えたため、若者の間では徐々にTikTok離れが始まっているのです」(IT系ジャーナリスト)

     いつの時代もブームの発端は若者だが、それに続く形で年配者が参入するようになると、急速に勢いが衰えていくのは、
    フェイスブックを見れば明らかだ。今ではフェイスブックのメインユーザーは中高年で占められている状態だ。

     「もっとも、運営も若者中心のブームが長続きしないことは十分に分かっているのです。3月25日には、『TikTok』を運営するByteDanceと、
    高級ホテル・旅館の宿泊予約サービス『Relux』を運営するLoco Partnersが合同キャンペーンを実施すると発表しました。もともと、旅行動画が人気だったこともあり、今後は観光地の食事や旅の体験動画などの投稿をきっかけに、
    旅行事業につなげる狙いでしょう。最近ではアプリを介在して“パパ活”を行う女性も出てきており、ある意味、健全化の方向に向かうのはいいことだと思いますよ」(同・ジャーナリスト)

     『TikTok』に関しては女子中高生が気軽に“顔出し動画”を投稿していることで、トラブルに巻き込まれる事例が急増し社会問題化していた。
    一時のブームは去りつつあるが、今後はユーザー層の変化とともに落ち着いてくることだろう。
    ソース
    https://wjn.jp/article/detail/6839630/

    【【悲報】"エロ目的”のおっさんユーザーが増え過ぎて『TikTok』が若者から敬遠され始める】の続きを読む

    このページのトップヘ